読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リルリ's diary

他愛のない日々

まゆげ

あなたの眉毛、どうですか?

 

 

 

っていう意味のわからない前振りはともかく、

眉毛ね。大事だと思うんです、わたし。(急に)

 

わたし自身眉毛について本当にこだわりがあって。外に出るときはどんなに急いでいてもアイブロウだけはしっかりしていきますね。(眉毛を描くと、スイッチオンなんです。)

 

女性は特に眉毛に流行りがあったりするんですけど、そういうものに振り回されないくらいこれ!っていう眉毛を探していて

 

最近、やっと見つけた気がしています。

 

ハマる眉毛に出会えると、「これだ!」って思うんです。そういう眉毛は大抵、流行の困り眉とか太眉とかじゃなくて、

自分の骨格に合いつつ目を大きく見せてくれる眉毛.....!だと思うんです。

 

 

それで!なんと!!今日!!!久しぶりに会った友達に

「眉毛綺麗!」って言ってもらえて(;_;)ああ嬉しいああ嬉しい、ありがとう友よ。

 

もともと自分の眉毛がコンプレックスで悩んでいたところでもあったのと

高校時代から試行錯誤を続けていたのがやっと!

人に褒めてもらえるまでに、、!!!!

 

つくづく女子って

 

 

楽しいですよね!!!

つらい部分もあるけれど!!!!笑

 

 

結果的にわたしの眉毛へのこだわりが実ったわけで、

本当に嬉しかったです(しつこい)!

 

人の表情だったり人相を左右する眉毛!

一度、自分の眉毛と向き合ってみるのもオススメです!!!!!

 

 

 

 

 

って何の話だ!!!笑

 

 

 

 

 

 

リルリ

 

 

 

 

 

 

 

 

夢、覚えてますか?

 

 

 

わたしは、結構覚えているほうです。

夢を覚えているのは眠りが浅い証拠だそうですね、最近早寝早起きを心がけているのですが...

それは別に関係ないのか、、残念です(笑)

 

とかく覚えている夢がいくつかあって、

やっぱり追いかけられたり殺されたりするようなインパクトある夢だったり

好きなアイドルと恋に落ちる願望が現れた夢だったりするわけです。

 

高校生のときに国語の先生に止められた自我が崩壊しやすい2つの言動というものがありまして、

①鏡に映る自分に向かって「お前は誰だ」と問いかける

夢日記をつける

この2つです。今でも覚えているくらい印象的でした。

 

①はまぁ、なんとなくヤバそうですよね(笑)でも②に関しては、やってる人もいるんじゃないですかね?どうなんでしょう。

でもこれ、アブナイみたいなんですよ。

なんでも夢と現実の境目が曖昧になって夢で起こったことを現実のことと思い込んでしまうなど、ひどいと日常生活にも影響が出てくるそうなんです。

これだけのことを知っていても、夢を覚えようとしている私。あゝキケン。笑

 

でも、怖い夢はともかくとして、好きな人と結ばれる夢くらい覚えててもよくないですか?(笑)

ホントーーーーーーに幸せなんです目が覚めたとき。と、同時に夢であることにがっかりして。いい夢だけを見ていたいですよね。

ある時は夢の続きが見たくてもう一回眠るときもあります。本当に時間があるときに限りますよ、もちろん。

 

ありえないほど幸せな夢が見られたときは、友達にも話すんです。

すると言われます、「それ言われてなんて言えばいいの?」って。いいんです報告したいだけなんです。笑 イタイヤツって思われなければそれでいいんです!笑

 

わぁ、またこんなくだらないことに800字近くも使ってしまいました。

でも、楽しいですね、こういう話。

 

 

 

 

 

 

 

リルリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナミダ

 

よく、泣きますか?

 

 

 

 

私は、よく泣きます。笑

母もなんですけど、涙もろいんですすごく。(遺伝?笑)

今日(29日)テレビでやってた世にも奇妙な物語、あったじゃないですか。

最後の遠藤憲一さんが出てた「妻の記憶」、めちゃめちゃ泣いてしまいました。

やっぱり「死」に関するお話には、とかく弱いですね。人間いつかは死ぬけれど、絶対に誰も語ることのできない世界。そういう意味で人にとって「死」は1番近くてでも1番遠いものなのかな、と思います。

 

見終わって自分の部屋に戻って、なんでか高校の卒業文集を手に取りました。

1学年で500人くらいいる学校だったので、自分のクラスのページにたどり着くのもなかなか大変で(笑)

本当に人数の多い高校だったので、卒業式で顔を初めて見る人もいたくらいでした。

 

 

見開き1ページに4人分。名前とそれぞれ原稿用紙1枚分の卒業への想いが綴られています。

 

名前を見ても知らない人、名前と存在は知っているけど話したことはない人、同じクラスにはなったことはないけれどすごく有名だった人(笑)などなど、

沢山の人の言葉で溢れていました。

 

当時好きだったあの人はサッカー部だったな〜とか、仲よかったあの子は文を書くセンスないな〜とか、卒業当時に思ったこと以上の感想が浮かんできます。

 

そして、自分のを読むと、、、

本当に恥ずかしい!!!!

タイトルを3日かけて考えたこと、自分で声に出して何度も添削したこと、、「いやそんなみんな私のなんて読まないって。」と思いつつアレヤコレヤ試行錯誤したな〜。笑

 

ちょっと、なんというか、イタイですよね!笑 

でも、なんでか泣けました。

 

 

 

この涙は、"何泣き"なんですかね。笑

 

 

 

 

 

 

 

リルリ

 

 

 

 

 

 

読書

読書、好きですか?

 

 

 

わたしは結構好きだったりします。

でも別に「月に何十冊も読んでます」とか「年間でこれだけ読むのが目標」ってわけではなく、自分の気が向く時に好きな本を読むっていうそれだけなんですよ。

 

好きなジャンルはぶっちぎりでミステリーですね。読んでいて「くるくるくる!」ってゾクゾクするような展開があるじゃないですか、先を早く読みたくて目を見開いちゃうあの感覚。

あれが、たまらなく好きです。

 

中学生の時は山田悠介さんの本ばっかりで、大きくなるにつれ東野圭吾さんや湊かなえさんの本を読むようになりましたね。

今読んでいる本も湊かなえさんの「Nのために」だったりします。かつてドラマでもやってましたねー、懐かしいです(しかしみてはいなかった笑)。

 

読書の何がいいって、文字だけを読んで人の姿形であったり外の景色だったりがクリアに浮かんでくることだとわたしは思うんです。空想好きな私にとって想像が膨らんで膨らんで、あんなに楽しいことはありません。

同じ理由で、電車での人間観察も大好きです(笑) あの人は電車の中でもPCを広げてて急ぎの仕事があるのかな、とか、あの2人組の女性はきっとそこまで仲良くないんだろうな、とか。(笑) くっだらない趣味の1つです。

 

話が逸れましたが、本というものは、読書を好まない人にとっては"本"以上の価値はないんじゃないかと思うんです。好む人にとっては、ただの"本"ではなく様々な価値観を教えてくれるものであり、ワクワクやゾクゾクを与えてくれるものであり、人間の想像力の広さ、そして知識を教えてくれるものだと、思います。

少なくとも私はそれらのことを、"本"から学びました。

 

なんだか読書の勧めになってしまいましたが、やっぱり、読書はお勧めなんです。

 

読み手がいないブログでもこうして伝えたいくらいです!笑

 

いつかこのブログを誰かが読んでくれた時、読書をすることの後押しになれたら、イイナ。

 

 

 

 

 

 

リルリ

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニスカート

ミニスカート、好きですか?

 

私は、あまり好きではないです。

春になって気温が上がって行くにつれ、女子はあることと戦いますよね。

(紫外線対策ももちろんですが、、、)

ムダ毛処理!!!!!ムダ毛処理です。

(あーガールズトークはじまった。)と世の男性は思うでしょうが、もともと毛が少ないもしくは脱毛を完了している以外の女性の多くにとってこの悩みは付き物です、もちろん私もそのうちの1人。

 

そんな私から言わせてもらうと、春夏秋(黒タイツを履けるまで)の間は、ミニスカートは手抜きのできない洋服なのです。

実際ほんとに、今日は何ヶ月ぶりにスカート、しかもミニ丈のものを履いたんだって思うくらい遠ざかってしまっていました。(リアルに3ヶ月くらいかな?)

ミニスカを履くと気づくことがありますよね。(電車の中で座ったら足を開かないように気をつけなきゃ)とか、(階段を登るときは下から見えないように抑えなきゃ)とか。あれですよ、誰もお前のパンツなんぞ見たくないやいっていうのはわかってるんです、わかってるんですけど、許してください。(笑)

その点を考えたとき思ったんですよ。

「私めっちゃ女子!」って。

ミニスカを履いたのが本当に久しぶりだったんですけど(しつこい)、1日でこんなに"女子"を感じたのも同じくらい久しぶりだったんです。

大事にしなきゃですよね、ミニスカ。

 

 

でもやっぱり、女子校生の制服のミニスカに勝るものはないですよね。(何の話) 電車に乗るときや街角でJCやJKの生足を見ると、ほんとになんだか世の中捨てたモンじゃないな なんて思えます。

これは大げさじゃないんですよ。笑 私も当時の自分に今会えるなら言いたいです。

 

「そのミニスカ、当たり前だと思うなよ!」

って。

 

 

 

 

 

リルリ

 

 

 

お初

 

初めまして。

 

昨日の夜、他愛もないことをただただアウトプットするだけの場所が欲しいと思い、ブログを作ってみました(°▽°)

 

アメーバブログが高校生くらいのときに流行っていたのでアカウントは持っているのですが、私を知っている友達に見てもらいたいものではない気がして

 

私が常々考えていたことや、ふと気づいたこと、そんなことを綴っていきたいなぁ。

面白いことを書ける自信はないけれども!笑

 

わたしの、誰かの、暇つぶしになれば。

 

 

 

 

リルリ